お墓を継承する方がいないときには散骨をする選択肢も

  • 自然葬の一つとしての散骨

    • 従来の埋葬は、遺骨を墓所に納骨して行われるものですが、近年、自然葬への関心の高まりとともに、故人の遺骨を骨の形のままでなく、細かく砕いて粉末状にしたうえで散骨するという方法に注目が集まるようになりました。

      散骨する場所としては、寺院や霊園の樹木葬区画や、海洋葬として海に撒くという方法が一般的となっています。



      法律上は、遺骨を2ミリ以下のパウダー状に粉末加工してあれば、希望の場所に散骨することも可能ではありますが、モラルやマナーの面で実際には困難な面があります。
      一般的に行いやすい方法としては、やはり海洋葬と樹木葬の2種類に大別されます。

      海洋葬は、遺族が船舶や航空機などをチャーターして、粉末状にした遺骨を海上に撒くという方法です。

      遺族自らが撒く場合のほか、業者に委託するケースもあります。



      樹木葬は、墓標に見立てた樹木の根元や周辺に納骨する場合と散骨する場合がありますが、粉末状にして土に馴染ませたほうが、樹木とともに新たに生長しやすいということで選ぶ人も増えています。



      海洋葬にしても樹木葬にしても、墓石を建てる墓所を新たに設けるより、費用の面でかなり抑えられるという点が、やはり選ばれやすいポイントになっています。

      先祖代々の墓所を持つ人も墓じまいをしたのち、取り出した遺骨をパウダー状にして、樹木葬区画等に散骨するケースも増えています。埋葬の形式が多様化する中にあって、費用面の負担が少ないという魅力は大きいだけに、今後さらに、選ぶ人が増えていくと考えられます。

top