お墓を継承する方がいないときには散骨をする選択肢も

  • お墓を継承する方がいないときには散骨をする選択肢も

    • 今建っている、お墓を継承する方がいなくなってしまった場合は、遺骨を永代供養墓や、樹木葬墓地に納骨したり、散骨する必要があります。一般的な、お墓と似た形式の、永代供養墓や、樹木葬墓地に遺骨を埋葬するときには、納骨されてから、およそ33年ぐらいの期間、寺院や、霊園などによって供養されて、期間が経過したら寺院や、霊園が、土に埋葬するため、お墓を継承する方を必要としません。
      また散骨は、多くの命を育んできた山や海といった自然な環境に遺骨を戻す方法になるため、この方法でも、お墓の後を継ぐ人が必要ない方法ということになります。


      近頃は自分が亡くなってからは、自然な環境に還りたいという方たちが増えてきています。
      散骨という方法を支持するのは、特に生前に山や海が好きだったという方たちに多いです。

      遺骨を全て自然に還してしまう人もいれば、その一方で、遺骨の一部だけを自然に還して残りの遺骨は専用のペンダントに入れて手元に残しておくという人もいます。



      葬送するというの目的で節度を持ち行う場合で、なおかつ遺骨の原型が残らないように2ミリメートル以下の大きさに細かく砕く処理をしているのであれば、刑法の第190条で定める遺骨遺棄に該当することはありません。



      散骨をするときに注意する必要がある点は、海に遺骨を撒く場合であれば、外洋にまで出る必要があるということと、山に遺骨を撒く場合であれば、周辺に住む住民の気持ちを考慮するということが挙げられます。



  • 対策方法

    • 最近は、高齢化や、少子化、核家族化、離婚や未婚の増加によって、先祖代々から引き継がれてきた、お墓を継承することができなくなっている方が多くなってきています。お墓は後を継ぐ人がいなくなってしまえば、無縁墓となり、その無縁墓は管理費が支払えなくなるので撤去されることになります。...

  • 納得の事実

    • 散骨を遺骨を撒くだけだと考えると、思いもよらない落とし穴にはまることになってしまいます。もし火葬が済んだだけの遺骨を撒いたらそれは「遺棄」となり違法だからです。...

  • 行事が気になる方

    • 従来の埋葬は、遺骨を墓所に納骨して行われるものですが、近年、自然葬への関心の高まりとともに、故人の遺骨を骨の形のままでなく、細かく砕いて粉末状にしたうえで散骨するという方法に注目が集まるようになりました。散骨する場所としては、寺院や霊園の樹木葬区画や、海洋葬として海に撒くという方法が一般的となっています。...

  • 行事の常識

    • ひと昔前までは、お葬式と言うとお通夜を行って大勢の弔問客が訪れて、翌日には本葬を行うという段取りになっていましたが、最近では家族葬などの小規模なお葬式が静かに広まっており、伝統的なお墓を持たないという選択も増えてきました。散骨の歴史は浅く、1990年代ごろから容認されてきたものです。...

top