お墓を継承する方がいないときには散骨をする選択肢も

  • お墓を継承する人を必要としない散骨

    • 最近は、高齢化や、少子化、核家族化、離婚や未婚の増加によって、先祖代々から引き継がれてきた、お墓を継承することができなくなっている方が多くなってきています。



      お墓は後を継ぐ人がいなくなってしまえば、無縁墓となり、その無縁墓は管理費が支払えなくなるので撤去されることになります。

      墓地の区画は所有権を買うのではなく、区画を借りる権利を買うものになります。

      そのためお墓を引き継ぐ人が絶えてしまったときには、墓地の区画を更地に戻して寺院の住職など、その霊園の管理者に返す必要があります。

      そのような悩みがある人が、これからのことを考慮して、墓じまいを選ぶ人が、多くなってきています。
      墓じまいとは、お墓の後を継ぐ人がいなくなってしまったときや、お墓が遠すぎてなかなか参拝しに行けないときなどに、遺骨を移動したり、散骨したりするために、お墓を解体して撤去することを指します。


      墓じまいは決まった手続きによって、墓石を撤去して、遺骨を取り出す必要があります。



      墓じまいをした後の遺骨の取り扱い方を選ぶときには、お墓を継承する人が必要になる方法かどうかを前もって確認しておく必要があります。



      散骨するときには、遺骨が残らないため、承継する人がいなくても問題ありません。


      近頃注目を集めているのが散骨という方法になります。
      散骨とは、故人の遺骨を墓地以外の山や海などに砕いて細かくしてから撒くという方法で遺骨を埋葬することになります。

top